検索
  • Good Price Records

レコードの人気が再燃してるって本当?売り時は?アナログの魅力とファンを魅了する様々な仕様をご解説!

最終更新: 2019年6月10日



ここ最近、アナログレコードの人気が復活していることは広く認知されていますが、その理由などはあまり知られておりません。


実際に私が買い取りにお伺いしたお客様も、半信半疑で査定を依頼する方が多い印章です。

このコラムではアナログレコードがなぜ近年になって注目され始めたか、ご解説いたしましょう。




目次

1章 新鮮さがウケた!20〜30代のCD.デジタル世代。

2章 レコードでしか聴けない!コレクター、マニアは何をこだわっているか。

-1 CD,配信で再発されていない。

-2 音が良い

3章 仕様が違う!CDで聴き慣れていた内容じゃない初版の魅力。




1章 新鮮さがウケた!20〜30代のCD.デジタル世代。

基本的にアナログレコードは重いし大きいし、A面が終わればB面に裏返し、クリーニングなど手間もかかります


生まれてこのかたCDや配信で手軽に音楽を楽しんできた人々は、回転する見た目や針を溝に落とすレコードがとても新鮮に目に映るはずです。






まるで映画の中の登場人物のような、非日常が体験できます





またジャケットもCDや端末に表示される小さなものに慣れているこの世代は、


大きく迫力のあるアートワークに思わず息をのみます。









安価なプレーヤーが増えたことも要因です。


現在市場では1万円前後でスピーカーや針付きのレコードプレーヤーが販売されています。

初めての人はそれ一つ用意すれば、何も追加購入せずともその日からアナログライフをエンジョイできます。




SNSなどインターネットでアナログレコードに関する情報が得やすくなったのもあり、ネットショッピングの拡大でさらにハードルを下げることになりました。







現在レコードショップでは若い方の姿が沢山みることができます。

若い人の一部ではアナログレコードがお洒落アイテムになっている方もいらっしゃります。大きなレコードジャケットは部屋のインテリアに。レコードプレーヤーも置いているだけカッコいい印象を得られます。


音楽を気軽に楽しんでいた層が、あえて手間のかかるレコードに手を出したのには


新鮮さ。敷居の低さ。お洒落。


などの理由がありました。



次の章ではそんなレコード初心者が、更に魅了されレコードマニアとなる理由をご説明いたしましょう。





2章 レコードでしか聴けない!コレクター、マニアは何をこだわっているか。

現役でずっとレコードを集めていらっしゃるコレクターや、若い世代にも多くのコアなコレクターが存在します。

そんなレコードコレクター(マニア)がレコードを集める理由をご解説いたしましょう。



1 CD,配信で再発されていない。

これはレコードを集め始めるきっかけとして非常に自然です。私もこれがきっかけでジャズレコードの沼に引きずり込まれていきました。

CD化と言いますが、CDが登場した1980年代以前の音楽たちはCDになっていないもの多く存在します


再発屋さんはそういった音源で人気需要のある音源を積極的にCDで再発しますが、権利関係や費用、再発しても売れるかどうか。大変なお仕事です。


世の中にはアナログレコードやテープでしか聴けない音楽が沢山あるのです。





そういった音楽をバックグラウンドとしたアーティストは今の時代もアナログレコードで新譜を販売するケースが多くなってきており、そのファンもまたレコードをコレクションしている人が多く新譜のレコードも売れるのです。





今のイギリスの音楽市場ではレコードの売り上げCDの売り上げを超えるという事態になってます。








配信やストリーミングサービスは何万曲が定額で聴けたり、購入出来るサービスですが少しマニアックなアーティストやコアな音楽ファンを満足させるには少し物足りません





手軽で便利ですが、レコードに比べるとそのライブラリーの規模に


完全敗北です。








2 音が良い。

これはアナログファンでなくても何となく聞いたことがある人も多いと思います。

これにはいくつか理由があるのでご紹介します。




まず、レコードの記録方法に理由があります。

CDやデータは音楽を0と1の羅列、二進数に置き換えられます。クラシックもジャズもヒップホップもインドネシアの民族音楽もなんでも0と1の繰り返しの情報に変換されるのです。



そして人間の耳では聞き取れない周波数はカットされます。


出来るだけ無駄のないように作られているのですね。




それに比べるとレコードは直接音がビニール盤に彫られております。


音がそのまま溝になる感じです。

もちろんCDなどでカットされている周波数はそのまま収録されております。



アナログ盤を製作するうえで工程が少ない方が音も良いのでドイツで生まれたDMMカッティングなどは非常に素晴らしい音で再生できます。


アナログレコードのカッティングには凄腕の技師がプレスの前工程を行い、

自らの名を刻印したりします。






LED ZEPPELINは英国のハードロックバンドで、通常盤を買って聴くのも良いのですがUKオリジナル盤のRobert Bob Ludwigという技師が行なった証のRL刻印があるものは、爆音で音圧も迫力も段違いです。

スピーカーの前で固まるコレクターの方を何人も見てきました。







Rudy Van Gelderという技師が行なった証のRVGVAN刻印のあるジャズレコードはドラムやベースの強調されたゴリゴリながら繊細なサウンドで人気があります。






このアナログ製作はアーティスト本人らが立ち会うことも多く、このアーティスト本人らのOKがあったものが世に出回っております。


オリジナル盤のレコードには細かい番号があり、レコードの鑑定ではそこを重視するのですが、1番であるはずのファーストプレス(オリジナルの中のオリジナル。本当の初版)が4番であったりします。


これはアーティスト本人らがNGを3回だしたということになります。

(失敗などあるかもしれませんが、基本的にはこだわりがたっぷり注がれております)







更にレコードのカッティングに使われるテープがあり、これをマスターテープと呼ばれますがマスターテープも使われるたび、年数が経つたび劣化します。





音も同時に悪くなるので、

マスターテープがフレッシュなうちにアナログレコードに落とし込まれたオリジナル盤

最も音が良いのはそのせいです。





少々脱線しますが、ジャケットにも同様に初版のみの仕様が存在します。

CD化の際に権利関係や法律でアートワークに変更があるのは少なくありません。


同じレコードでも文字の色が違ったり修正が加わったものがあります。

当時のファンが見たものと同じものが、アーティストの意向がそのまま伝わるオリジナル盤が現在もファンの心を掴むのですね。







時代は進み、アナログレコードのカッティング方法にも音を良くする工夫がなされています。


MFSLなどを筆頭に高音質盤は世界中のファンに絶大な人気を誇ります。








国内盤は日本人ならではの丁寧なプレスや日本人コレクターが大切に保管していたため、高音質盤として世界中のファンの需要が高まっております

世界中のディーラーが日本に買い付けに来るので、国内価格も高騰しているのです。




プツプツといったノイズや暖かみがある音が良いと表現されるの方が多いですが、当時から使われている真空管のオーディオなどで聴くと非常にタイトでクリア、シャキッとしたクールなサウンドが楽しめます。

ノイズもアナログファンからは嫌われていて、クリーニングや静電気除去などノイズ対策をしっかり行なって再生するのが一般的です。



オーディオは細かいパーツの一つでもガラッと音が変わりますので、自分の好きなセッティングで楽しめるのがポイントです。

アナログレコードのコレクターやマニアの方々は小さな違いにもこだわってより良い音で音楽を楽しむ努力をされているのですね。






3章 仕様が違う!CDで聴き慣れていた内容じゃない初版の魅力。

これもコレクターやマニアに人気の要素ですが、

オリジナルレコード特殊仕様のレコードにはCDや配信では得られない効果や、そもそも収録されている音源の構成や内容が異なる場合があります。


まずはこちらから。



これはアーティストやレーベル会社が発売後に「やっぱり変えよう」となって内容を変更し初版のごく少数のレコードの内容が違ったりするものです。





ビートルズに有名なものが多く、例えばリボルバーというアルバムは、録音が終了し完成したレコードの商品製作中にトゥモロー・ネバー・ノウズの新ミックスバージョンが採用され、数百枚を世に出した後に変更されました。







この別ミックスバージョンはレコードに刻印されている番号で識別され、ファンの憧れの一枚となっております。














同じくビートルズのサージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンドはア・デイ・イン・ザ・ライフという曲が終わり、アルバムが終わろうとしている時にあるギミックが隠されています








意味不明なおしゃべりと犬にしか聞こえないくらい高周波数の音が収録されているのですが、針を持ち上げるまで繰り返し繰り返し音がループします。


再生している人が寝ちゃってようが、手が離せない用事が出来ようが、


何分も何時間もループするのです。



これはUKオリジナル盤のモノ盤ステレオ盤、MFSLだけの仕様で、ランエンドに溝を彫るのが難しい為レコードでもこの仕様は無いものが多いです


ちなみにCDや配信では20秒ほど繰り返しフェードアウトしてアルバムは終了します。





ビートルズはモノ音源が人気で、


ビートルズ本人とその関係者が当時伝えたかった音源がそのまま収録されています。




ホワイトアルバムはモノバージョンにタンバリンが無かったり

再生スピードが違ったりします。もちろんこの仕様の音源はCD化されておりますが、

個人的にはアナログに比べるとノイズなどはなく綺麗ですが、色々と劣ると思いました。





ジャケットにもファンを魅了する違いが存在します。



まずはギミックジャケット



特殊ジャケとも呼ばれますが、


ジャケットが飛び出し絵本のようになっていたり(Jethro Tull/Stand Up)

目がギョロギョロと動く仕様だったり(Faces/Ooh La La)

押すと豚の鳴き声がしたり(PYG!/Original First Album)

3Dで浮き出て見える仕様だったり(The Rolling Stones/Their Satanic Majesties Request)


挙げだすとキリがありません。

本当に多岐にわたります。


CD化の際にミニチュア版で再現されているものもあります。





2章でも少しお話しましたが、オリジナルのみの仕様もあります。

ビートルズのホワイトアルバムはレコードの取り出し口が上になっています。

同アルバムはシリアルナンバーが振られており、番号が若いものが高値で取引されます。








ビートルズのメンバーリンゴ・スターが2000年にオークションに出した「No.0000001」はなんと79万ドルという価格で落札されました。


国内盤の若いナンバーもなかなか高額なので押入れのレコードを確認してみても良いかもしれません。







シーナ&ロケットやスコーピオンズ、スーパージャイアンツ、ビートルズなどのアーティストには、発売された後に世間から「これはマズイのでは?」とブーイングを受けアートワークが変更されたものもあります。


もちろん中古市場ではこれらのレコードを買って集めることができます。



ビートルズなどのUKオリジナル盤は艶々のコーティング加工が成され、重厚感のあるカッコいい光沢が魅力です。


日本で製作、販売されたレコードにはというものが付いており、そのデザインの良さや希少価値から大金を惜しまないコレクターも多いです。



ファンはレコードのあらゆる魅力に取り憑かれているのです。


挙げ出せばキリがないレコードの魅力ですが、もちろんCDや配信などストリーミングにも良い所があります。


フェアなコラムにしたいので、そちらも少しご紹介。




CDも高音質なものがある!



SACDEsotericCD耳の肥えたクラシックファンが支持する高音質盤CDです。


0と1に変換された音源はパソコンなどで送受信するデータと同じB(バイト)で表すことができます。


上記の高音質シリーズはそのバイト数を飛躍的に上げ内容量を増やした音が魅力です。






ストリーミングサービスやユーチューブは新しい音楽との出会いが楽しめる!






レコードやCDはレコード屋でジャケが気になったり、店頭でおすすめされていたりして新しい出会いがありますが、

ストリーミングサービスはそんな機会を飛躍的に増やすことになりました。


家でゴロゴロしながら。暇な時のネットサーフィン。そんななんでもない時間で運命的な出会いがあったりするのです。




日本の和モノという音楽ジャンルを

世界に広めたのもこれらのサービスが強く作用しました。




海外のDJ達が支持した和モノは海外の音楽通たちがハマり、YouTubeの違法アップロード動画(苦笑)で瞬く間に広がりました。


近年の和モノレコード高騰はこのおかげです。





定額なのでお金に余裕がない人や、学生さんにも手軽に楽しめます。スマホの普及も手軽に楽しめるようになった最大の理由ですね。









レコード人気の再燃のワケ、コレクター・マニアがレコードの何に魅了されているか、お分りいただけましたでしょうか?


今レコードがアツイのは事実です。


もし、ご家庭で眠っているレコードがございましたら、レコードアツイ今が売り時です







どうせなら高く売りたい。

誠心誠意対応してほしい。


親切丁寧な査定で、完全無料で出張買取を行う







Good Price Records

グッド・プライス・レコードにお任せください!



もちろん郵送での買取もOK!


詳しくは通話無料のフリーダイヤルでお電話!

0120-01-8181


携帯電話・PHSの方はこちら(フリーダイヤルではありません)

070-1575-8585


527回の閲覧

お問い合わせ

〒192-0907

東京都八王子市長沼町96-5-306

info@goodpricerecords.com 

古物商許可番号:第308761905029号/東京都公安委員会

TEL 0120-01-8181 /  070-1575-8585

​株式会社 AME

​屋号GOOD PRICE RECORDS