検索
  • Good Price Records

レコードに白い斑模様!?ビニールヤケとは?

最終更新: 2019年6月10日


長らく押入れに放置しっぱなしだったレコード。


いざ売りに出そうと取り出してみたら...



真っ白に!?



それはビニールヤケといいます。

レコードに普段から触れてない方には聞き馴染みがない言葉だと思います。



今回はそんなビニールヤケについて解説したいと思います。


目次

  • 拭いても無駄!?ビニールヤケが進行したレコードはどうすれば良い?

  • 軽いビニールヤケの除去方法!

  • ビニールヤケになるとどうなる?





拭いても無駄!?ビニールヤケが進行したレコードはどうすれば良い?


久しぶりに取り出したレコードにカビではない、白く濁った謎の模様...


この煩わしいビニールヤケに対する手段あるのでしょうか。



私の経験上、軽いビニールヤケは拭うと綺麗に取れる場合があります。


ですが、かなり稀です。


古いレコードでヤケが発生していると、放置されていた年数も長くなります。







進行したビニールヤケは基本、

拭いても取れません。。。








強いビニールヤケが出てしまったレコードは残念ながら元の状態に戻すことはできません。


しかし、先ほど申した通り軽いビニールヤケは取ることができます。






軽いビニールヤケの除去方法!



こちらがビニールヤケです。



長年しまい込まれていたレコードに保管用ビニール内袋のシワシワ模様がついてしまいました。



たっぷりの水を染み込ませたクロス溝の進行方向に沿って回し拭います。


とても重要なのが、ラベルから淵へ放射状にクリーニングすると傷になりやすいので気をつけることです。



ラベルを濡らさないことも重要です。

ものによっては脱色、ラベルの剥離など、悲しみのダメージにつながります。





綺麗になりました!


この作業、慣れた人でなければレコードに傷をつけてしまうことが多いので、

注意しましょう。




ビニールヤケになるとどうなる?

ビニールヤケが見た目を悪くするだけだと思ったら大間違いです。


肝心な音質大きな影響を及ぼします。




ビニールヤケを起こしたレコードに針を乗せてみると...


ザッ... ザッ... ザッ... とノイズがのります。


全体的にヤケているレコードだとずっとノイズが発生してしまいます。







これをカゼヒキと言います







レコードコレクターから嫌われるカゼヒキのあるものは


当然レコードとしての価値が下がってしまいます。



ですが、完全にビニヤケカゼヒキという訳でもありません。


1枚1枚、症状が違うのは、人間が風邪を引いた時も同じ。


ほとんど音に出ないものも少なくありません。



さらに録音されている内容によって、目立つ目立たないも関係します。





レコードに発生する厄介な病気ビニールヤケについてお分かり頂けたでしょうか?


管理されていない長期保管が何よりもレコードに悪影響です。


もし、ご家庭で眠っているレコードがございましたら、少しでも早く助けてあげませんか!




どうせなら高く売りたい。

誠心誠意対応してほしい。




親切丁寧な査定で、完全無料で出張買取を行う

Good Price Records

グッド・プライス・レコードにお任せください!



もちろん郵送での買取もOK!




詳しくは通話無料のフリーダイヤルでお電話!

0120-01-8181




携帯電話・PHSの方はこちら(フリーダイヤルではありません)

070-1575-8585


209回の閲覧

お問い合わせ

〒192-0907

東京都八王子市長沼町96-5-306

info@goodpricerecords.com 

古物商許可番号:第308761905029号/東京都公安委員会

TEL 0120-01-8181 /  070-1575-8585

​株式会社 AME

​屋号GOOD PRICE RECORDS